親として、教師として

今日は我が子の話題です。

昨年1月末に生まれた女の子なのですが、なかなか「我が娘」という感覚がもてずにいました。

ところが最近…。保育園に登園させるのが私の役目で、子供が起きる時間に横にいてあげると、起きた時に笑顔で笑って起きてくれます。娘はしばしゴロゴロしているのですが、見てるだけでも飽きず、正直かわいくて仕方がありません(^_^;)

ご飯も作ってあげると笑顔で食べる、かわいい娘です。子に対する想いが深まる分、生徒たち一人一人に対する接し方も柔らかくなってきたように思います。

「生徒一人一人が、自分の子供だと思って育ててあげてね」と、かつて言われましたが、ようやく一歩踏み出せた気がします。

生徒皆様のお母さん、お父さんの子に対する思いも汲んで、質の高い授業をしていきたいなと思いました。

親としてはふつつかものですが、親先輩のみなさま、ご指導、ご鞭撻のほど何卒宜しくお願い致します。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)