「公文」か「そろばん」か

どちらも暗算力を身に着けるという目的は同じですね。ではその違いを説明しますね。

■珠算(そろばん)式暗算と公文式の違い

珠算式暗算は、脳でそろばん玉を動かすことが計算となり、計算後に残るそろばん画像が答です。一方、公文式では計算をパターンを化し、パターンの組合わせで論理処理します。

■脳科学の観点から見ると

珠算式暗算は右脳を使うといわれており、論理処理は左脳を使うといわれています。

■右脳と左脳

左脳は演算処理を担当し、論理演算は得意でも、記憶が得意ではないそうです。一方、右脳は、五感すべてで認識し、記録媒体のような役割をするそうです。記憶の容量、記憶の仕方も全く違うそうです。

マイクロソフトでは、左脳はCPU、右脳はハードディスクやDVDに例えていました。

そろばんは右脳を鍛え、公文は左脳を鍛えると言えます

■幼いうちに鍛えられるのは右脳

論理的な思考は大人になってからでも十分養えますが、右脳でイメージする力は、ある程度年齢を重ねると(※早くは小学校6年生)、脳でイメージがしにくい状態になります

 ※私の指導経験からも、ある程度年齢が行くと、暗算が入りにくい感覚があります。

■結局そろばんと公文、どっちがいいの?

そろばんと公文では「育てる脳の箇所が違う」というのが結論です。ただし、右脳に関しては鍛えるにも年齢制限があるため、幼いうちに育てておくのをお勧めします。その面では珠算式暗算は適しています。

※公文と珠算の両方ともやる、というのはダメです。どちらも身につかずに終わります。

■まずは門をたたいてみましょう
いずれにしても、早い段階で体験に行ってみましょう。悩んでいる間に1年が過ぎてしまった、という話をよく聞きます。小学校低学年の1年間は脳を作るうえで最高のタイミングです。1年生から学ぶのと、高学年から学ぶのでは雲泥の差があります。

ぜひ早い決断・行動をお勧めします。

分かれ道


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)