競技大会(芽育サーキット)

■サーキット。

月に一回の塾内競技(芽育サーキット)の週が始まりました!4級練習者以上の参加が許可され、読上・フラッシュ暗算も同時に競技点数に加算され、優秀者・成長した生徒にはご褒美もあたる、月に1回のイベントです。

■サーキットについてくるおまけ

塾内に新しい風を吹かせたい」と踏み出したサーキットですが、競技以上について来るおまけの多さには驚かされます(^_^;) 生徒の技術向上以外に「先生、あの子今回何点やったん?」「私前回からどれくらい伸びたん?」「私あの子に勝った?」などなど、思いもしなかった子ども達のモチベーションの種がいっぱい出てきます(*^^*)

■心を空けて

何かを変えたい、という思いで始めたサーキットですが、結果としては生徒たちの反応と言ういわゆる「おまけ」がついて来ました。ところが、振り返るとそれが最大の収穫でした。新米教師(といってまだ4年目ですが)のころは、こういったおまけには目もくれず、自分の定めた目標だけを見ていました。。。しかし、ヒントは結果の中に様々にあったのだなと感じます。

■戦略は現場から

新しいことへの挑戦、そして生徒のいる現場から上がる声、これらはまさに戦略の種ばかりです。ある尊敬する社長が訓示の中で「新しい戦略は現場から生まれる」とおっしゃっていました。まさに今回生徒たちの輝く目を見ながら、いろんなリクエストが来ましたが、それをカタチにしていくことが次の戦略へとつながりそうです(*^^*)

kyousitu


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)